NLPビジネスコーチ/ディスカッションパートナー

SAITO OFFICE

答えはクライアントさんの中に

コーチングに何を期待しますか?

皆さんは「コーチング」と聞くと、どのような効果を想像されますか?

私の体験セッションでは、すべてのクライアントさんに「何を期待していらっしゃいましたか?」と聞いています。

答えとして良く上がってくるのが、

・考えを整理してもらえる
・どうしたら良いのかアドバイスをしてもらえる
・実行するための後押しをしてもらえる
・目標へのタイムキーパーになってもらえる

というものです。

結果的にそれらは手に入ります。

が、「コーチング」からダイレクトに得られる効果では無いのです。

 

「与えてもらう」ということは楽かもしれないけど、楽しくは無いかもしれない。

先に上げた皆さんの回答を見て、気づくことはありませんか?

そう、全てが「〜〜してもらえる」で終わっています。

皆さん、コーチに何かを「与えてもらう」ことを期待しているのですね。

どうでしょう?

誰かに「与えてもらう」人生って。

子供の頃のことを思い出して見てください。

親に「食べさせてもらって」「着替えさせてもらって」「教えてもらって」。

すごい、楽?

でも、なぜ反抗期があるのでしょうか?

なんで親のことを「めんどくさい」とか思った時期があったのでしょうか?

それは、自分で自分の人生をコントロールできていないことが嫌だから。楽しく無いからだったのでは?

 

「答えはクライアントさんの中に」

これは、すべてのコーチがコーチングを学び始めた頃に叩き込まれる「コーチとしての大前提」です。

クライアントさんに楽しい人生を歩んでいただくために、ご自身でご自身の人生をコントロールしていただくために、私はクライアントさんの本心を一緒に追求しています。

整理をしてあげたり、アドバイスをしてあげたり、後押しをしてあげたり、タイムキーパーになってあげたり

それはすべて、クライアントさんご自身の本心に行っていただかないと、いつか「ウザい」と嫌われてしまいます(笑)

私は、本心がちゃんと働くように、サポートするだけです。

「答えはクライアントさんの中に」あるからです。

体験セッション

 


ページトップ